インドの。

映画の世界へ


インド人にとっての最大の娯楽は、


〝映画〟

これは間違いありません!!!


彼らはインド映画をこよなく愛しています。

休みがあれば映画へ。
気に入った映画は何度も何度も観に行きます。

インド映画は年間の製作本数がハリウッドや日本に比べても群を抜いて多いんです。

そして経済的な幅のとても広いインド人なんですが、かなりローカルな値段で映画を観れるように設定していることもあり、映画は多くの人々の生活に根付いています◎


僕もインドにいる時は時間をみつけては映画館に足を運ぶようにしています(^_^)

勿論、ローカルすぎると英語字幕もないため音からはわからないのですが、、、不思議と目でストーリーがわかってしまう♪♪笑



そんなインド映画なんですが、近年では本当にいろんな映画が上映されるようになったんです◎

インドはみなさんの想像通り、、、いや想像を遥かに超える多様性を持った国です。

そんな多様な世界観の表現が続々と映画の中に溢れています(^ ^)



とここまでおすすめしておいてアレなんですが、、、

なぜかインド映画、、、

日本では、、、

ほとんど上映されません(T_T)

世界的にはかなり評価されているのですがね( ͡° ͜ʖ ͡°)

日本とインドは近年かなり友好的な関係性を築いてきてるのですがね、、、

不思議です(°_°)


ですが時折!
今日のトップの写真のインド人がウエルカムしているように、インド映画フェスティバルなるものが大都市ではやるのです♪

もちろん大阪ではやっているんです◎


と、言っても実はもう明後日でおしまいなのですがねm(__)m
レンラク...オソクテスミマセン....


僕は今回全く違う種類の映画を2本観に行く事ができました◎


ガチガチでムチムチのインドのスーパースターの映画↓
そして、

実際にインドで起きた飛行機のハイジャック事件を映像化した作品↓

どちらも全く違う味わいの素晴らしい映画でした。


最初の映画は、インドらしい華やかな美しさを持った作品。

ただ、みんなが想像している歌って踊るだけのイメージは簡単に覆されますからね(^_^)

インド人特有の目の力、言葉ではない力を感じれますよ!



そして次は、実際の事件の中で沢山の命を救ったステュワーデスの伝記的な作品。

インドではどの時代にもこういった献身の英勇が生まれます。

マハトマ・ガンジーの偉大な魂はきっとガンジーの遥か昔から受け継がれそして今に至っているんだと思います。




僕は実際にインドという多様な空間を持った国に何度も訪れ、その中でも少し特殊な伝統を重んじた修行空間に触れているうちに、人間の意識の特性を体感するようになりました。

そして僕たちが普段気づかない様になってしまった自分の内側に向き合うには熱意は勿論ですが最初は特に空間の力が必要だと思うようになりました。


僕たちは欲に振り回されて生きてきました。

きっとこれからも振り回されてしまいます。

でもそこに向き合って行くことが大切だと思います。



是非、大変ですが自分を律して環境を整えてみて欲しいと思います。


僕もいつも弱い自分と向き合うことをし続けるつもりです。


お互い頑張りましょうね(^_^)


と、今日は少し長くなりましたが読んでくれてありがとうございます♪♪


ではではでは