ダライ・ラマ14世って。

仏?人??


“ダライ・ラマ”

知っていますか?

知ってますよね?


聞いたことあるけど、、、良くわからない、、
って人の為にとっっっても簡単に説明しますね(^-^)

ダライ”は“大海”を意味しています。
そして
ラマ”はチベット仏教の“高僧”を意味します。

チベット仏教の最も新しい流派であり現在の最大の流派でもあるゲルク派という流派の宗教的なトップであり政治のトップでもある方(現在は宗教上のトップのみ)を代々ダライ・ラマと呼んでいるのです。

現在の“ダライ・ラマ14世”は御歳81歳です。

↑の写真の最高にピースな笑顔のお方です!!
この方の笑顔は本当にあたたかくて魅力的です。
文字にするとチープになってしまいますがまさに大海のように深く広い笑顔。


さて冒頭の話ですが、
ダライ・ラマ法王は〈人〉ですか?それとも〈仏〉ですか??

もしあなたにこの質問を投げかけたらなんと答えますか??

「えっ、何言ってるんですか?人間でしょう!!」

と答えますか?
そもそもなぜ仏??

と思った方にこれまたとっっっても簡単にだけ説明しますね。(詳しく聞きたい方は是非直接聞いてくださいませ(^^))

チベット仏教徒はダライ・ラマ14世の写真を大切に飾りいつも手を合わせます。
レストランとかお店にもだいたい1番メインのところに飾っていますよ!

もちろん81歳ですが法王はめちゃくちゃ元気です◎◎

活仏なんです。
つまりは生きた仏。

正確には化身なんです。

なんの??

“ 観音菩薩 ”

です。

菩薩とは仏なんですが正確にはまだ悟りを開いたわけではなく、しかしながらもう仏になる寸前の状態です(わかりにくい言い方ですみません。詳しく聞きたい方はまたどこかで会いましょう(^ω^))

その中でも観音菩薩は人々を見守り苦しみから救っていく菩薩と言われており人々から愛されています。

ダライ・ラマ法王はその化身として現在14回目の転生をしていると言われているんです。

実際に生きた人でありながらただ人々を苦しみから悟りの境地へ救う菩薩としても生きているんです。


と、
書きましたが、、

人?仏?どっち??

なんてことはどちらでも良いんです(^-^)


僕はこれまで沢山のチベット人達と会ってきました。
チベット仏教の寺院やたくさんの仏に手を合わせてきました。

でもね、
当たり前なんですが、
チベット人じゃないんです。

日本で生まれ日本で育った日本人なんです。


だから関係ないってことが言いたいんじゃありませんよ。

僕たちは同じ地球に住む人間で広く同じ問題に向き合っているんです。


ダライ・ラマ14世は“”であり“”であり、そして“難民”です。

これだけ多様な立場の人間は地球上にいません。

そしてそんな立場の中にありながら誰よりも真摯に僕たち人類の共通の問題に向き合ってきた人なのかもしれません。


彼は(敢えてこう言わせてもらいます)、心のスペシャリストでありなにより平和で愛に溢れた人格者であると僕は思います。


そして僕はヨーガを通して心を学び僕らの共通の問題に向き合ってきました。

これからも向き合っていきます。




なんか今日は少し長いブログになってしまいましたが、ここまで読んでくれた人ありがとうございます(^ ^)


また今度ダライ・ラマ14世の平和へのアプローチや僕たちヨーガ練習者のアプローチもすこーしずつ書いてみますね◎

レーのゴンパ(僧院)の中で1箇所だけ絵で書かれた珍しい14世があったので写真を撮ったものです。



最後になりましたが、イエヨガではちょうど2週間後から【叡智の為のヨーガコース】という3ヶ月半のコースを行います。

5名限定で募集をしています。

もし興味があれば是非!一度連絡を下さい(^-^)


通常レッスンはここからどうぞ↓

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    みかみあや (水曜日, 05 10月 2016 08:29)

    「平和で愛に溢れた人格者」そう思います!!わたしはチベット仏教徒でも何教徒でもないけど、ダライ・ラマ法王の言葉はすっと心に入ってきて、じゃあどう生きるべきだろう?って考える種を与えてくれていると感じています。

  • #2

    RE: みかみあや さん (木曜日, 06 10月 2016 01:39)

    何教だろうと何教でなくてもスッと寄り添う言葉を話し、そして心に向かうモチベーションの種を育てる(^ ^)

    本当に凄いことですよね◎