青の世界へ。episode2.

シャンラ→パンゴンツォ


世界第3位の標高の峠を越えてさらに断崖絶壁を走る事合計8時間。

到着したのはこの青の世界。


パンゴンツォ

“ツォ”は“湖”のこと。
つまり パンゴン湖 です。

標高4300〜4500mに位置する湖。

そしてここから東へ130㎞続くこの湖の対岸はチベットです。(正確にはチベット自治区ですが、、)

この景色、そしてこの色は言葉にするのはとてもチープだ。

青と呼ぶには表情があり過ぎる。


僕はこの言葉に出来ないモノを見た時の感覚が気に入ってる。

どこか瞑想のようで。

僕の求める思考が結びつかない瞬間。


数年前まではこの感覚を追い求めている自分もいた。
でもこれは求めるモノではない。

求めるモノなどなくなった方が良い。

そこにある瞬間が静寂であることが良い。


帰ったら瞑想のクラスで。
沈黙の中でそれを伝えます。

いや、伝わるかはみんなと僕のその時次第。

楽しみにしています(^_^)


もう3日後ですね!

今デリーのカフェでこれを書いているので変な感じですが(^_^)

まだ予約大丈夫ですからね◎