青の世界へ。episode1.

レー→シャンラ→


北の果てを旅した数日後、次に向かうは“青の世界”


基点の町レーから今回は少し大きなバスに乗り込む。

日本のバスを想像した方、、、すぐにあと3段階グレードを落として下さい(´・_・`)


もう完全に慣れましたが、断崖絶壁をすり抜けバスは進みます。

そして到着!
シャンラ峠。

先日到達した世界一の標高のカルドゥンラ峠には僅かに及びませんが、世界第3位の標高5360mです。
※車で行ける峠の世界ランキングです。

奥には更に高い雪の山々が見えます。


酸素が半分くらいのこの場所ですら体にはいくつも変化が起きています。


僕は普段呼吸を身体の様々なところに送る練習をしています。

そのおかげか高地の対応がとても上手く進み幸いどこにいっても不調は出ず冷静に観察することができています。

帰ったらみんなにもしっかりと呼吸を教えていこうと思っています。



実際の僕は今みんなと同じ標高の街インドの首都ニューデリーでこの日記を書いています。
(日記はすこーしだけ僕から遅れてついてきています)

明日の朝久しぶりに通常のプラーナヤーマの練習に戻りその感覚をみるのがとても楽しみです◎



デリーに戻って来てるということは、もうすぐ日本に戻るという事です(^_^)

みんなに帰ってすぐに会える事が楽しみでしょうがないです!!



まだ定員まですこしありますからね!

待ってます。