北の果てへ。episode2.

カルドゥンラ→デスキッド

富士山山頂と等しい標高のレーを出て2時間、世界最高標高の峠“カルドゥンラ”を通りさらに3時間、到着したのがココ。

〈デスキット〉

名前の響きもすごいが、この場所で僕はとても深くそして暖かく興味深い感覚を受ける。

この話は帰ったら直接自分の言葉にのせて伝えたいと思っています。


北の果てに向かう最後の中継地点になるこの場所には、切り立った崖の上にゴンパ(僧院)がある。

そこに僧が暮らしそして祈っている。


僕はこれまで様々な祈りに触れてきた。

祈りがなんであるかはここでは明言は避けるが、その祈りには、、いや正確には想いには明らかに目には見えないモノがある。

そのモノをなんと呼ぶかはただの言葉をでしかない。

気、エネルギー、プラーナ、、、、



心を鎮めてみて欲しい。

様々な感情の集りを。


きっとそこにそれはあるから。


これは難しい事ではなくて、、、ただ気づくだけのこと。



今回の旅はいつもと少し違いまた期間も短いが今すでに僕の中にいくつも気づきがあった。

帰ったらその気づきが日常にぼやかされる前にみんなに伝えようと思っています。

もし何かみんなの気づきのサポートになれたらと思っています。




オマケです👇

普通に見たらかなりの衝撃写真です(;゜0゜)

わかりますか?
真ん中にひとが倒れています、、、

慌てて近づき声を掛けたら、、、


寝ていました!(◎_◎;)


でもそれでも心配だったので近所の人を探したら言葉こそわかりませんが、笑いながら大丈夫いつもの事だくらいの感じで安心しました 笑


ではまた続きは次回(^_^)