何を求めているのか。

外?内?

何を求めてヨーガを??


僕がヨーガを学びはじめたころ“インストラクターとして仕事をしたい”という外のことと“自分の中に漠然とあった内的感覚への好奇心”という内のことが入り混じった状態だった気がします。

そしてインストラクターとして活動をはじめてから10年に、、、

この10年間で本当にいろんなことがあったなぁと今書きながら思っています。

その中でもとても大きな転換期が1度あるんですがそれは内的で精妙な話でこうやって文字に書くことではないのでいつか直接僕の口から話すのを聞いて下さい。

ただこの4〜5年は日に日に内側に意識が向かい、そして内側にいろんなことをみるようになりました。

それをひと言でって無理なんですが、、、

外側から得られる喜びを僕は否定するつもりはないし今も僕自体いろんな事を外から得て嬉しかったり楽しかったりとそこには沢山の感覚があります。

でも内側から得られる、、、
正確には内側にあった感覚に気づくことはこの何倍も何十倍も大きなモノがあります。

嬉しいとか楽しいというよりは深い充足があります。

この内側にある深い充足は僕にだけあるものではなくこれを読んでくれているどの人にもあるものです。

ただし外側の執着や慣れはとっても強くよほど幸運に恵まれない限り気づいていけない人が多いのが現実です。

でも
もしかしてこの文章を読んだことが何かの幸運なのかもしれません。

そして
それは僕がすごいのではまっっったくなくて、あなたの何かが今を引き起こしたんだと思います。


僕が今書いてるん事は100%みんなのために言ってることじゃないです。

半分は自分の気づきのために。
そして残り半分をこれから気づいていくあなたのために。




僕はあと3日たったら11度目のインドへ行きます。

そして帰ってきたらまたヨーガを伝え、共に学びます。

上手に外側から得ていく為のヨーガではなく内側にあるものに気づいていく為に。



【叡智のためのヨーガコース】という講義を中心として瞑想を知りヨーガを深めるコースを6月から年末まで行っています。

現在の〈土日コース〉は引き続き行っていきますが、インドから戻った9月末から12月末までの3ヶ月間だけ新たに〈水曜コース〉を開催することにしました。


何か感じる方は是非是非1度ご連絡ください(^_^)



待ってます。